どんな人たちがつくっているの?


タイトル

一緒に仕事をしている大工の棟梁が語った言葉です。

「大工は家をつくることしか能がない。毎日、毎日木と真正面から取り組んでいる。
木は正直だ。
丁寧に扱えば言うことを聞き、荒っぽく扱えばそっぽを向く。
自分の手がけた家は子供のようなもの。
そこに暮らす家族が幸せになることを祈って、一生懸命働くんだよ」

私たちワンラヴホームがつくる家は、棟梁がつくる家です。

「家につくり手の魂を宿す」

これがワンラヴホームの目指す家づくりなのです。


ワンラヴホームの家は、こんなメンバーがつくっています。

京都最強ワンラヴ職人会

職人の皆さんが参加した、ワンラヴホームの勉強会の様子

←職人の皆さんが参加した、ワンラヴホームの勉強会の様子

  定期的に、施工に関する議題について協議しています。

  こうして、ワンラヴホームの品質を確かなものにしています。


私たちからあなたへのお約束

私たちからあなたへのお約束



ページの先頭へ